読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングダムが好きすぎて。

キングダムが好きすぎるあまり、自分を落ち着かせるためにまとめました。

キングダム 8巻 「過去」

*ネタバレあり*

キングダム 8 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 8 (ヤングジャンプコミックス)


8巻は政の過去編がメイン。

以前政が成蟜の反乱で追われる立場だった時、
追っ手をしのぐために信とともに剣を持ち自ら戦ったり、
王宮の温室育ちとは思えないほどの場馴れ感を
信が疑問に思うシーンがありました。

なぜ、政が"そうなった"のか。

政が王位を継ぐことになる前の話。


わたしがキングダムを1巻から通しで読み返す時、毎回必ず泣いてしまう"泣き巻"が3巻ほどあるのだけども、
8巻はそのうちの初めの1冊。
紫夏と幼なじみとの関係性、養父の想いと養父への想いに泣けてきます。。。


過去編の後は、政がまた暗殺を企てられて
刺客に狙われまくります。


では、あらすじから。



【あらすじ】
※今回は特別に7巻最終話から繋ぎます※

宮女の向(こう)は、大王(政)から「伽(子作りのつとめ)」の相手に何度も指名を受けながらも、
毎回何故か全く手をつけてもらえないことに悩み、親友の宮女•陽(よう)に相談していた。

数回目の伽の指名の後、向はいつしか政に恋心を抱くようになる。

しかし相変わらず手をつけてもらえない向は、
ある日宮女たちの
「大王は昔"ヒカ"という名の商人の女にフラれ、
その傷埋めに向をただ呼んでいるだけだ」
というやっかみ兼噂話を耳にしてしまう。

落ち込む向だったが、陽に慰められ悩んだ末、再度政に伽に指名された際、
「なぜ指名をもらえるのかも、なぜ手をつけてもらえないのかもわからないが、自分は大王様の心が少しでも休まるのなら嬉しい、
自分は大王様のために"心の伽"をしたい!」
と宣言する。

そんな真っ直ぐな向を見て、
政は、指名の本当の理由(読書がしたかった)を話し詫びるが、

噂話で聞いた"ヒカ"という名の女商人の話は
実際は"シカ"という実在した女性のことで所々は事実を含んでおり、
政は向に過去の話を打ち明けることに。

(ここから8巻)

話の舞台は、秦の隣国、"趙(ちょう)"。

政が生まれる前の年、"秦"と"趙"は
"上党"という土地をめぐり2年もの月日を争っていた。

秦の総大将は 白起(はくき)、
趙の総大将は 廉頗(れんぱ)。

力が拮抗し、なかなか決着が着かないことに
痺れを切らした趙の王は、
総大将を名将•廉頗から若将•趙括に変更。

そのことで2年の膠着は一気に流れ出し、
趙軍の新総大将•趙括は秦軍の副将•王騎に
討たれた。

秦軍の勝利となり、趙軍は40万人の兵が降伏し投降するも、
白起はなんと、食料の問題と反乱の危険を理由に40万人全員の趙兵を生き埋めにして殺す命を下した。

未曾有のこの大虐殺は、
「長平の戦い」という名で歴史に深く刻まれることに。
趙国の国民が秦国を恨み憎む怨念を生み出すこととなった。

この惨劇の翌年の正月に、
政は趙国の国都•邯鄲(かんたん)で誕生する。

「長平の戦い」の翌年に趙で生まれた、秦の王族の血を引く政。

政が誕生して2年ほどした後、父親•子楚(しそ)が、十数年続いた趙での人質生活から呂氏により脱出させられ、秦国へ戻ることに。
そして残された政と母親は、秦からの仕送りが一切途絶えてしまう。
それから7年。

政は日々、飢えをしのぐために食料を盗み、
また、秦人という理由で邯鄲の住人からは執拗な
暴力•折檻を受けていた。

そんなある日、秦国の大王(当時昭王)が崩御
新しい王が即位し、次期大王には、政の父•子楚が就くことが決定。
つまり、子楚の嫡子である政は次の太子となることに!

秦国大王の崩御はまだトップシークレットであり、
趙王にはまだ伝わっていないが、
その情報が伝われば、まず政は暗殺されることになる。

そうなる前に政を趙から脱出させるため、秦より使いの者•道剣(どうけん)らが送られてくるが、
政を連れて関所を越えるのは困難極まりなく、
呂氏の勧めた趙の闇商人の女頭目•紫夏(しか)に依頼が入る。

紫夏はかつて餓死寸前の孤児だったところを、
たまたま通りがかった行商の養父に拾われた。

養父亡き後家督を継いだ紫夏は、
共に拾われ共に育った仲間•江彰(こうしょう)
、亜門(あもん)とともに闇商の規模を大きくさせることに成功。関所でも顔パスで通れるほどの顔をきかせていた。

政を秦へ運ぶというこの依頼は、失敗すれば紫夏らは国賊となり、斬首であろう危険な橋を渡ることになる。
江彰や亜門は依頼を断るも、

政の過去•現状を知った紫夏は、かつて養父が自分達を救ってくれたように、政を救うと決意。

依頼を受け、道剣らとともに政を脱出させるべく5つもの関所を通過することに。

美貌と気立ての良さ込みで、日頃の根回しも怠っていない紫夏は、関所を次々とクリアしていく。
最後の関所を越えた時、緊急閉鎖の狼煙が上がり
関所が閉門。

間一髪で全ての関所を通れたものの、政の逃亡がばれたのは間違いなく、
趙軍が総出で追って来るのは時間の問題。

一行は馬車を走らせるが、
政に異変が起こり、馬車を飛び出してしまう。

政は長年にわたる趙での虐待の日々により、
いつしか精神を病み、
また肉体の痛みを感じない体になってしまっていた。

政は精神をひどく病み、「長平の戦い」の怨念による亡霊のような幻に取り憑かれていたが、
紫夏の叱咤と優しさにより憑き物が落ち、
正気を取り戻す。

我にかえった政は、再び一行と秦を目指すが、
とうとう趙の追っ手に追いつかれてしまい、
道剣、江彰、亜門らは政や紫夏を守るために身を呈して死んで行った。

秦との合流地まであと一歩のところで、
ついに紫夏も討たれてしまう。
そして政は間一髪、昌文君らに助けられる。

紫夏らのおかげで、無事政は秦に脱出することができたのだった。

政の過去を知り、号泣する向。
政も向に紫夏の話をすることで、
自分の中に何か変化を感じているようす。
この2人の間にもまた、新しい関係が始まることを予感させる。


そして現在!

魏の戦で武功をあげた信。
なんと百人将に昇格!

村で同じ軍だった田有(でんゆう)と再会したり、新しい甲冑を買ったりで
次の戦が待ち遠しい。

家に帰ると、突然信の前に羌瘣が現れた。
「王宮には絶対近づくな」と忠告し立ち去った
羌瘣に、信は状況が全く飲み込めずにいたが、

翌日咸陽から政の危機を知らせる使者が来て
かけつけると、
そこには政の暗殺をたくらむ刺客集団がいた。

なんとそのうちの1人は羌瘣だった。
「蚩尤(しゆう)」と呼ばれるその別の名の意味は‥‥‥。


* * *


紫夏、、、
亜門に江彰、、、
はー、泣けます、、、。

王弟反乱時の政が妙に場馴れしている感があったのは、
趙にいたこの時の壮絶な虐待経験からだったんですね。
されるだけでなく、自らを守るために攻撃もしているし。

秦からの仕送りもなく、「長平の戦い」のせいで趙人からは憎まれ、秦人の子を産んだ母は働き口もなく体を売って身銭を稼ぐ生活。

急に秦へ脱出できると聞かされても、
長年趙人から長平の恨みを一身に受けて生きてきた政は、
もはや普通の精神状態ではなかったのです。

やっと秦へ帰れるという脱出の道すがらでも、
幾度も怨念の亡霊に悩まされ、
矢を受けても痛みすらなく、
こんな壊れた人間が王になどなれるはずがないと
嘆く政。

そんな政を色んな意味で救ったのは、
闇商人の紫夏でした。

紫夏は政の絶望と葛藤に気づき、
激しく喝を入れた上で政を優しく包み込みます。

その背景には、孤児だった紫夏を拾って育ててくれた養父の存在がありました。

政を守るために、死の淵で追っ手の兵と戦う紫夏は、幾度も養父の言葉を思い出し、
戦いながら政に語りかけます。

🔴紫夏 : 「私も幼い頃
赤の他人に命がけで助けられた

その人は私が十歳の時また別の人間を救おうとして命を落とした

その人の死に際私は死なないでくれと泣き叫んだ

受けた恩に対し私はまだ何一つ返せていないと

しかしその人はっ」

🔴紫夏の養父(回想) : 「恩恵は全て次の者へ

私の命も幾人かの命によって救われて来た
その恩を余さずお前達に注いだつもりだ

紫夏 お前がこの先他人のために何かできたら
それは私にとっても大きな意味をもつ

どんなに些細なことでもいい‥‥
受けた恩を次の者へ

フフ そういうものだ紫夏
そうやって‥‥」

(矢に撃たれる紫夏)

🔴政 : 「紫夏っ」

🔴紫夏 : 「見るなっ」

(そうやって‥‥

そうやって人は‥‥

つながってゆく

この子は殺させない)


この後、紫夏は討たれ、政は救出に来た昌文君の隊によって助かります。

死に際に紫夏が政に残した言葉。

🔴紫夏 : 「あなたは生まれの不運により
およそ王族が歩まぬ道を歩まされた‥‥

しかし
逆に言えばあなたほどつらい経験をして
王になる者は他にいません
だから きっと
あなたは誰よりも偉大な王になれます」


政は、紫夏によって秦へ戻ってこられただけでなく、
体の痛みも、麻痺して失っていた味覚や嗅覚さえも、取り戻すことができたという話。

養父から紫夏へ、紫夏から政へ。
想いは全てつながってゆく。

身につまされるなぁ。。。



後半部分は政、またしても狙われます。

王宮にそうそうたる暗殺メンバーが集結、
その中には「蚩尤」と呼ばれる羌瘣がおり、
政の命を狙う‥‥。


政、過去も現在も狙われまくりだな。

次巻へ続く。


【メモ】
⭕政、9歳の時秦国へ。

⭕呂氏、有り金をつぎ込み、政の父親•子楚に取りいる。

⭕秦の戦神と呼ばれた王、政が9歳の時に崩御

⭕信、百人将へ昇格。

⭕羌瘣、蚩尤と呼ばれる。

⭕おまけマンガ1「向と陽」
おまけマンガ2「信とテン‥‥と甲冑」