読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングダムが好きすぎて。

キングダムが好きすぎるあまり、自分を落ち着かせるためにまとめました。

キングダム 22巻 「あの時代」

*ネタバレあり*

キングダム 22 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 22 (ヤングジャンプコミックス)


↑ この表紙を最初に見た時はめちゃくちゃショックでした。。。

めっちゃ死ぬフラグ立ってる羌瘣に、
ドキドキし過ぎて読み進めるのがすごく怖かった。

ここまで読んできて、
ある意味1番緊張した巻かも知れません。

もはや秦魏の戦の勝敗よりも、
わたし的には
「羌瘣が死ぬか否か」
が、最重要事項になってしまっていました。


信と輪虎の戦いにも決着がつきます。

この対決は、信の今までの一騎討ちの中で
最熱でした。

ラストの蒙驁 対 廉頗 戦も、
熱すぎて、熱すぎて。


22巻はわたしにとって、今でも特別な巻です。


早く感想を書きたいので、あらすじから追っていきますね。


【あらすじ】
廉頗が蒙驁の砦の罠を次々と突破していき、
本陣に迫ろうとしていた頃、

信と輪虎の一騎討ちも大詰めとなっていた。

また、信 率いる飛信隊の奮戦に呼応し、
他の秦軍の隊が奮起したことにより、
輪虎が引き連れてきた魏兵の進撃が食い止められていた。

秦軍の士気の源がまぎれもなく信であることに、
輪虎は信が持つ
"人をひきつける力"
を感じる。

廉頗の待つ蒙驁本陣へ急ぎたい輪虎は、
信を仕留めにかかる。
馬上で股(もも)を刺された信は、
輪虎を馬から引きずり下ろし、地上戦に持ち込む。

雨が降り出し、ぬかるみの中で激しい戦いが続いた。

その時、
激しく打ち合う2人の間に、魏軍・魏良(ぎりょう)が割って入ろうとする。

魏良の動きに気づいた楚水が咄嗟に魏良を斬り、
顔を上げた先に輪虎が立ちはだかっているのを目にしたとき、

瞬間的に沸き起こった楚水の強烈な殺意に対し、
輪虎は反射的に楚水を斬った。

己への注意が外れた一瞬の隙を信は見逃さず、遂に輪虎に致命的な一撃を与える。

しかし、輪虎は致命傷を負いながらも
廉頗への強い思いから再び立ち上がる。

幼き頃、戦火に巻き込まれた小さな村で死にかけていた輪虎は、天の計らいで廉頗に拾われ、命を救われたと信に話す。

それからこれまで廉頗のために
"天が出会わせた廉頗の剣"となり戦ってきたという輪虎に、
信は
自分は天任せではなく自分の足で立ち、関わった者の思いを背負って前に進むと返し、
「お前と戦ったこともでっけェ糧にしてな」
と言い放ち、遂に輪虎にとどめを刺すのだった。



死闘の末、とうとう輪虎を討ち取った信。

戦いながら輪虎の思いを受け、感じ入るところがあった信は、首を落とす気分になれず立ち尽くす。

信の感情を察し、副長・渕(えん)は首を落とさずとも輪虎の死が広まるよう、触れ回ってくれる。
一方、輪虎に斬られた楚水も、致命傷には至らずに済んでおり、
飛信隊はようやく一息ついていた。

その時、竜川が、羌瘣ら怪我人を予備隊として残してきたあたり一帯の人影が全く無いことに気づく。

実は輪虎もまた別働隊をあらかじめ用意しており、
しかもその別働隊は、四天王筆頭将軍・介子坊の私兵500人であったと魏兵から聞いた信たちは、
急いで羌瘣たちのもとへ向かう。

予備隊たちのもとへ着くと、そこには大量の死体の海が広がっていた。
敵味方ほとんど息のある者が残っていない中、
介子坊兵と思われる巨体の死体が山のように転がっている中で、
羌瘣は1人立っていた。

信は駆けつけ、羌瘣を抱きかかえる。

羌瘣が生きていることに安堵する飛信隊のメンバーたちだったが、
激しい戦いの中、いつも顔を覆っていたハチマキが取れ、ところどころに服が破れた状態の羌瘣の姿を見て、
羌瘣が女であることを知る。

尾平ら昔なじみの仲間ですら気づかなかった真実に、一同は驚きを隠せなかったが、
信は羌瘣の戦う理由を皆に語って聞かせ、
理解し受け入れた飛信隊のメンバーたちは
今後は女として羌瘣を守っていくことを誓い合うのだった。


一方、蒙驁本陣。
数々の罠を仕掛けて備えていた砦が
ついに全て廉頗に突破され、
蒙驁は廉頗と40年ぶりに対峙する。

脱出を促す配下たちに、蒙驁は今度ばかりは退かぬという意志を示し、
廉頗と一騎討ちの姿勢。

蒙驁は、40年の熱き思いを込めて廉頗と戦うと宣言。
さらに、今の廉頗にはその激情を受けきる程熱きものはないだろう、と挑発する。

蒙驁が腕力で廉頗に敵うはずがないと、
誰もが思っていたその時、
両者の打ち合いが始まった。

蒙武の父である蒙驁の体躯は、単純な膂力(りょりょく)だけなら廉頗にひけをとらないと思わされるほど巨大であり、
その体から廉頗への積年の思いが込められた一撃一撃は、
廉頗を含め誰も予想しなかったほどに重いものであった。

蒙驁の攻撃により、廉頗の馬の足が折れたその時、
蒙驁はとどめを刺しにかかる。
しかしその時、廉頗は折られた足場をものともしない強烈な一撃を蒙驁に浴びせ、
蒙驁は馬の首もろとも左腕を吹き飛ばされてしまう。

絶体絶命の状況となった蒙驁。
廉頗は、
六将亡き後に自らの火が消えたことを認めるが、
だからといって全身全霊をかけて六将達とぶつかり合った黄金の時代を戦い抜いた自分を、
"思い"だけで倒せると思ったのか、
と蒙驁を罵倒する。

蒙驁は、廉頗が戦場に戻ってきた本当の理由は、
"王騎が討ち取られたことに対する憤り"
ではないのかと指摘。

時代の流れにより、新しく台頭してきた
まだ無名の李牧や龐煖に、
共に激戦を繰り広げてきた六将・王騎が討ち取られてしまったことが許せないのであろう、と。

廉頗は時代の流れなどクソくらえだと言い、
「強者は戦場に出たら老いようが病に伏せようが勝つのが鉄則」
だと王騎を批判する。

廉頗の話を聞き、
蒙恬と共に本陣に駆けつけていた信は
いきなり廉頗に食ってかかる。

輪虎の剣を投げつけて名乗った信。
輪虎の死を知り、激怒した廉頗の一撃を受ける。
受け止めるだけで必死の信に、
廉頗は更に一撃をくらわせる。

その時、蒙驁が廉頗に向かって
「信は王騎の最期に居合わせ、
王騎の矛を受け取った人間だ」
と叫ぶ。

廉頗は手を止め、信に王騎の死に際の様子について問う。

信は、
「王騎将軍は、強者が次の強者に討たれて時代が続いていく乱世を面白いと言い、
笑って逝った、
その姿は誰もがあこがれる天下の大将軍の姿であり、
堂々たる英雄の姿そのものだった」
と答えた。

その時、介子坊将軍が兵を引き連れて乱入してきたことで、
突如乱戦になる。
と同時に、魏軍本陣が落ちたという知らせの狼煙が上がった。
玄峰を討った後、行方知れずとなっていた
桓騎将軍が白亀西を討ち取ったのだ。

狼煙を見た介子坊は、蒙驁を討ち取って戦局を五分に持ち込もうとするが、
そこで廉頗は突然

「止めじゃ 帰るぞ」

と叫ぶ。

秦魏軍共に呆気に取られている中、廉頗は

「儂らの負けじゃ」

と宣言するーーー。



* * *



対輪虎戦、ついに決着です。

輪虎の廉頗への強い思いには、敵ながら
グッときてしまった。

でも信の将軍への野望にかける思いは
同じぐらい、それ以上に強くて。

輪虎に股(もも)を刺され、圧倒的不利な状況のはずの信が、
片脚の状況も漂と特訓済みだと言い、
「無問題!」
と立ち上がる姿に、

🔴輪虎 : 「しぶとい‥‥ 何だ
この異常な程の精神(こころ)の強さ‥‥
何が彼をそこまで支えている‥‥」

と輪虎は解せない様子ですが、

信はきっと2人分の野望を背負っているから
強いんだろうな。
勿論それだけじゃなくて、
後の信の言葉にも出てきますが、
いろんな思いを背負っているからこその
強さ。
王騎に教わったことでもあり、
信は自然にやってきてもいる。
でも根本的には、
漂がいつもそこにいるから、
簡単に精神が折れることはない、
折れる訳にはいかない。
そんな気がして、何だか泣けます。

21巻で栄備将軍が予報していた通り、
このあたりから雨が降り出してきて、
ぬかるみの中での更なる死闘が続きます。
この雨は22巻中ここから最後まで降りつづけるのですが、
この雨の演出が本当に活きるし沁みる。

原先生が何故この戦いで雨を降らそうとしたのか、その真意は勿論分かりませんが、
この雨の演出は絶妙だった。
何回読み返してもそう思います。

話を戻しまして。
天が、天が、と言う輪虎に対し、
ここで信の名言が出ます。
(第231話 57〜61ページ)

🔴信 : 「下らねェ
さっきから聞いてりゃ
それじゃまるで全部が天任せみてェじゃねェかよ

そうじゃねェだろ
俺達はみんな てめェの足で立って戦ってんだ

‥‥今のお前だって
廉頗の剣であるべく命がけで戦いまくってきた結果だろうが

だけど
出会いが重要だってことは分かる‥‥
お前が廉頗に出会ったってんなら
俺だって 廉頗以上の大将軍になるはずだった男に出会い
そいつと共に育った

俺に夢をくれたそいつは‥‥
早々と死んじまったが 代わりに‥‥
俺はまたとんでもねェ奴と出会った

それからかけがえのねェ戦友達と出会い別れ‥‥

俺の道の現実的な"指針"となる人にも会った

それが偶然じゃねぇって言うなら
そうかもしんねェが
天とか何とかうわついたもんは考えねェ

俺は関わった奴らの思いを背負って
前に進むだけだ
自分のこの足で
輪虎 お前と戦ったこともでっけェ糧にしてな」


🔴輪虎 : 「ハハ 言うね でも死ぬのは君だから」

「(君の言う通り出会いは運命で
そこから先は自分次第さ
ただし天の起こす奇跡も必ずあるけどね‥‥

殿‥‥
昨年 王騎が死に 李牧という大物が現れた
秦軍にも若き力達が芽吹こうとしている

時代はやはり
次の戦乱の世へ移ろうとしています

ひょっとしたら殿が亡命し前線から退いたあの時‥‥
僕の役目は終わっていたのかも知れませんね

それでも今ここで戦っているのは
これもまた天の計らいか

信‥‥
君もまた深く‥‥)」


この言葉の続きは何だったのでしょう。
信に一目置いていた輪虎だったから、
「君もまた深く "天に寵愛されている"」
と思っていたのかな‥‥。
この後輪虎、信によって討たれます。


輪虎戦が終わって、次は羌瘣の生存確認。
(はわわ‥‥。)

視界が遮られるほどの大雨の中、
大量の死体と血溜まりの真ん中に羌瘣が立っていました。
(よ、よ、よかったー!!!)

ていうか、羌瘣すご過ぎでしょ?!
予備隊は怪我人ばかりで200人、
戦力はほぼ羌瘣のみの状況で、
あの介子坊兵500人を"ほぼ1人で"壊滅させたって、、、!

負傷であんなにしんどそうだったのに、
巫舞の呼吸の制限だっていつもより短かっただろうに、
まさかの生存!!!

絶対信より強いですよね?笑
ていうか、他の誰にもこの所業ムリでしょ!!


なにはともあれ、
羌瘣が生きていてくれたことが本当に嬉しかった。
象姉の仇も討てる。
ホントに良かった。。。


あまりに心配しすぎた反動からか、
この22巻からわたしは完全に"羌瘣推し"
になってしまいました。笑

飛信隊の皆にも、ついに女とばれてしまいましたが、
田有さんだけはやっぱり気づいてましたね。(14巻参照)
そして羌瘣の過去を知り、受け入れた仲間たち。
尾平がいいこと言っちゃってます。
飛信隊の絆、固し!
‥‥ていうか、こんな小柄な美少女(16歳)を
どうしたら男と思えるのか‥‥笑


そしてラストは蒙驁 対 廉頗です。

わたしもまさか蒙驁が一騎討ちに出るとは思わなかった!
絶対に勝てる訳がないと思ったし、
実際に正直無理があった。(スミマセン)

廉頗に見開きで

🔴廉頗 :「あまり儂らをなめるなよ 蒙驁」

と言われた時は、
ゴメンなさい!!と謝りたくなったほどであります。

やはり廉頗は強すぎた。
めちゃくちゃ頭いいし、
めちゃくちゃ戦上手だし、
めちゃくちゃ"漢(オトコ)"!

どでかい落石の罠にも、左のこめかみ上ぐらいに傷を負った程度で済んでました。笑

そして
信が王騎の矛を受け取ったと聞き、
王騎の死に際の様子を問うた後、
信の答えを聞いて空を仰ぐシーン。

🔴廉頗 : 「‥‥フッ 全く‥‥

(どいつもこいつも自分勝手に先に行きおって‥‥)

雨が涙にも見え、涙が雨にも見えるこの廉頗の表情に、切なくなりました。


王騎の死に際の真実を知った廉頗は、
魏軍本陣が落ちたことも含め、
戦の終わりを告げるのでした。



【メモ】
⭕いつもだけど、22巻のモブ兵たちの表情が秀逸すぎる。

●雨が降り出す見開きシーン
●輪虎が討ち取られた時の輪虎兵
●廉頗が迫り、蒙驁に脱出を促すも
「退かぬ」と言われた後の配下たち(特に左端の人)
●廉頗が現れた時の秦兵たち
●廉頗と一騎討ちをしようとする蒙驁に向かって目をひんむく兵たち

挙げればキリがないけど、
こういうところがキングダムの魅力のひとつ。

⭕おまけマンガ「向のキズ」