読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングダムが好きすぎて。

キングダムが好きすぎるあまり、自分を落ち着かせるためにまとめました。

キングダム 23巻 「論功行賞」

*ネタバレあり*

キングダム 23 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 23 (ヤングジャンプコミックス)


対魏戦が終わり、
論功行賞に
羌瘣との別れと
貂との再会。


新生飛信隊スタートの23巻です。




【あらすじ】
戦の敗北と終結を宣言した廉頗。

攻撃の要であった中央軍の輪虎を失い、
介子坊の散らばった左軍は、山中で桓騎を見失ったまま分散している状態という魏軍に対し、

秦軍は万の軍をほぼ無傷で保ったまま
山城で様子を伺っている王翦軍を残している。

さらに魏軍本陣を落とした桓騎軍の存在、
続々と崖下から駆け上がってくる秦軍の兵の数を考慮し、
廉頗はこの戦がもう"詰んでいる"と判断。

介子坊や魏兵らは、
目の前にいる蒙驁を討ち取って戦局を五分に持ち込もうと荒ぶるが、

全体の戦況を冷静に見極めることができる
廉頗だからこそ、
何より魏軍のことを考えるならば
"全滅"の憂き目に合うことだけは回避せねばならない、という思いからの決断だった。

そして廉頗は蒙驁に"和睦"を申し入れる。
魏兵への一切の攻撃を禁止し、
山陽一帯の住民にも手出しさせぬよう
蒙驁に認めさせる。
これをもって戦の終結となり、
秦軍の勝利が決定した。


そして廉頗は去り際に、信の前へ現れる。


王騎の矛を受け継いだという信に対し、
本気でかつての六将・三大天を超える
大将軍を目指すのであれば、
これまで六将や三大天が成し得なかった大業・
"中華の統一"
をやってのけ、伝説の塗り替えをしろと発言。

信は、政の目指す王の道と
自分の夢が初めて重なり合ったと感じ、
廉頗に
「中華統一で俺らがあんたらを超えた証だ」
と宣言するのだった。


戦が終わり、飛信隊はひと月かけて帰路についていた。

その道中、
戦での負傷により長らく寝込んでいた羌瘣が回復。
戦が終わったら仇討ちの旅に出ると決めていた羌瘣は、
仲間たちに見送られながら、
趙を目指し旅立って行った。
〈羌瘣、飛信隊を一時離脱。〉


そして後日、王都咸陽にて
魏戦の功が評価される式典・
"論功行賞"
が開かれる。

第一功は、勝利を導いた蒙驁将軍。
第二功は、魏参謀(玄峰)と総大将(白亀西)を討ち取った、桓騎将軍。

そして第三功には、魏軍主攻の将軍(輪虎)を討ち取った信が選ばれる。

信は、褒美を授かるとともに、めでたく正式に千人将へ昇格することが決定。

式典の後、改めて政と2人で"中華統一"の目標に向け、気持ちを新たにするのだった。


3ヶ月後。
千人隊となった飛信隊は、甲冑も新たに息巻いていた。

しかし、羌瘣が抜けた後の飛信隊は連戦連敗。
軍師の役割を担っていた羌瘣の抜けた穴は致命的に大きく、
信は千人将権剥奪の危機にさらされていた。

そんな折、飛信隊の不調ぶりを耳にして心配した蒙恬が、様子を見にやってくる。
苦戦している飛信隊の現状を知り、
蒙恬は魏戦で祖父・蒙驁の勝利に貢献してくれた信へのお返しとして、
とびきりの軍師と認める弟・蒙毅を紹介してやると協力するのだった。


数日後。
蒙恬の手配により、飛信隊のもとへ軍師が到着。
蒙恬の弟・蒙毅が来るものとばかり思っていたところ、
到着した軍師は何と貂だった。

蒙毅に別の任務があったため、代理の者として選ばれたのが貂だったのである。

信は突然の再会に驚き、更に成長した貂が
女であることを明かされ驚愕。
そして隊の殆どが小娘軍師である貂に対し、
拒否反応を示すのだった。

そんな時、飛信隊に恨みを持つ魏軍が突然攻め込んでくる。
魏との戦で、輪虎率いる中央軍に配属されていた
兵の生き残りが揃った手練れの軍であり、
軍師・氷鬼の頭脳もあって格が違う強さを見せていた。

貂に軍の指揮を任せる気になれない信は、
今まで通りの指揮下で応戦するが、
またしても隊は危機に陥り、
仕方なく指揮を貂に代わることに。

貂は地形を利用し、巧妙な戦術で次々と魏軍を討ち取っていく。
そして隊長である信を囮に使う大胆な作戦が成功し、飛信隊に久々の勝利を導いた。

貂の実力を実感し、隊の貂に対する態度は軟化。
貂は能力を認められ、ようやく飛信隊のメンバーに受け入れられたのだった。


その頃、趙国王都・邯鄲。
李牧が動き出す。



* * *



対魏戦、終結です。

廉頗の存在感はすさまじかったなあ。。。

戦は秦軍が勝ったけど、改めて読み返してみても
廉頗が"負けた"とは思えないし、
蒙驁が"勝った"という実感もない。

廉頗も蒙驁に、

「どういう形にせよまんまとやりおったな‥‥」

と言っているように、
蒙驁の力を認めたというよりは、
配下頼みの蒙驁の粘り勝ち、といった感じ。
(個人的にはまさかの一騎討ちを望んだことで蒙驁のたぎる想いはものすごく伝わったけど)

廉頗の言ったように、
最終的に戦は詰んでいて、
あの段階から魏軍の巻き返しは相当難しかったのは事実なのでしょうが、

廉頗と介子坊がいればあの場は何とかなったのではという気もしてしまう。

和睦の内容は勝者が決めるのが普通なところ、
「譲歩してやってるのは儂の方」
と言って廉頗が和睦の内容を全部指示しているあたり、
やっぱりやろうと思えば何とでもなったのかもな、と。

廉頗なりに思うところがあったのでしょうね。
まあ、魏王への義理もありますしね。
魏兵を犠牲にさらすリスクも含めた判断でしょう。

結局反撃にかからず敗北を認め、
冷静に和睦を申し入れたのは、

信から王騎の最期を聞いたことにより
あれだけ拒絶していた"時代の流れ"を廉頗なりに受け入れることで、
ある意味において火が消えてしまったのかもしれないな、と感じました。


廉頗の存在感がすごすぎて
秦軍勝利の実感が無いとつらつら書きましたが、
この戦の勝利は、
信の輪虎撃破と
何より蒙驁軍のツートップ・王翦・桓騎の功が大きかったので、
この2人を従わせている蒙驁の力には当然違い無いです。

とにもかくにも、
中華の拠点地の中でもかなりの価値があるという
"山陽"
の地を秦国が手にしたことは、
この後の展開に大きく影響を及ぼすことになります。



‥‥しかし最後まで廉頗が蒙驁に一切興味ナシだったところが一貫していて切なかった。笑


"あまり儂らをなめるなよ蒙驁"発言から
戦•終結後の蒙驁スルーぶり。
(公式の和議にも代理を送るとか言われてるし)
信には興味津々なのに。笑
立ち位置的に、
蒙驁の思いは、報われないままなのですね。


そしてその後、廉頗は魏国を追放され(魏王の温情で死刑は免れる)、
楚へ亡命し、その生涯を終えるとあります。

ああ、もったいなさすぎるー!(泣)


そして廉頗が去ったあと、
信がやっと一息ついて蒙恬に担がれているところに壁が現れた時、
「あっ?! 壁のあ‥‥(んちゃん)」
と皆まで言えずぶっ倒れるシーンは
地味にほんわかしました。
壁の兄キャラ、健在です。



一方、
いよいよこの時が来てしまいました‥‥
羌瘣、一時離脱です。

別れ際の落とし穴のところ、よかった。
羌瘣の目が潤んでいるのがじんわりきます。


もう既に寂しい!早く帰ってきて!(涙)


そしてその後の飛信隊、まさかの大苦戦。
軍師の役割をも担っていた羌瘣がいなくなり、
一勝もできなくなる始末。

昂(こう)くんが、
羌瘣が抜けたのが大きいんじゃないのかなと
指摘していることに対し、
信ときたら

🔴信 : 「ざけんな昂 これまで羌瘣が一人で武功あげてたわけじゃねェんだ
あいつ一人抜けたからって戦力がそこまで無くなるかよ」

とか言ってますが、
羌瘣がいなかったら何回全滅してたことか!
って場面いくつもあったっつうの‥‥。



そして蒙恬のはからいで軍師の斡旋。

貂が信のもとに軍師として帰ってきます。


正直、特例とはいえ軍師修業終わるの早くね?!
(一回休みもらって帰ってきてたけど、
合計2年強ぐらい?)
と驚いたのと、

まだ羌瘣がいなくなった寂しさを消化できていないうちからの
鮮やかなヒロイン交代劇に、
わたしは軽いショックを受けてしまいました。笑


ここからは少し余談になりますが、
わたしはキングダムに恋愛要素は全く必要ないと思っていて、
男たちの戦いに胸を熱くし、時には涙しながら夢中に読み進めてきました。


青年誌なので色付けとして必須要素であるとは思うのですが、
そんなん絡めなくていい!
とかたくなに思っていました。


2012年の夏にキングダムのガイドブックが発売されているのですが、
そこに原先生の"キングダム制作裏話"的なロングインタビューがあり、
ヒロインの初期構想についてなどが色々と書いてあったのです。
それを読んでからはわたしも
"キングダムのヒロイン"
について、考えるようになってしまいました。

でも
23巻発売時は2011年の夏なので、
その1年後に出る公式ガイドブックの感想については、そのあたりの後(26,27巻あたりかな?)に改めて。


ひとまず、ガイドブックの話は置いといて、
とにかく23巻で羌瘣が旅立ってしまってからは
想像以上に寂しくてたまらなかった!


だから貂が帰ってきたとき、
あんなに可愛かった貂のことを、
あんなに健気だった貂のことを、

"オマエジャナイ感"

いっぱいの心で出迎えてしまったことは
否めません。。。(哀しい)


貂、好きなのに‥‥
貂、好きだったはずなのに‥‥
初期は貂にあれだけ癒されたというのに‥‥
やっぱり苦楽をともに過ごしてきた羌瘣に
思い入れがありすぎる。
14巻とか、22巻とか、、、!


とりあえず軍師としての適性は認められた貂、
今後は(いろんな意味で)さらなる飛躍が必要ですね。


【メモ】
⭕〜飛信隊 月日の経過メモ〜
●魏戦後、1ヶ月かけて故郷へ。(羌瘣離隊)
〜論功行賞。
●論功行賞より3ヶ月後、軍師•貂入隊。
●貂加入後、10日で里井(りせい)の地平定。
●その20日後+3日後、山陽へ軍•部隊•文官が集う。
軍総司令•昌平君、山陽の地を"東郡"と名称を改め、秦人を移住させる計画を発表。
●この時"始皇5年"=政 18歳。

⭕李牧、燕へ攻め込む準備。

⭕おまけマンガ「山陽戦の後日談」